SSL証明書の認証機関がセキュリティ侵害により証明書発行停止、またもや(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

SSL証明書の認証機関がセキュリティ侵害により証明書発行停止、またもや(The Register)

また新たなWeb認証局が、SSL証明書の発行を停止した。そのサーバの一つに、ハッカーによる攻撃ツールの保存を可能にしたセキュリティ侵害が発見されたためだ。

国際 TheRegister
また新たなWeb認証局が、SSL証明書の発行を停止した。そのサーバの一つに、ハッカーによる攻撃ツールの保存を可能にしたセキュリティ侵害が発見されたためだ。

オランダベースのKPN Corporate Marketは、4年前に起きた可能性のあるセキュリティ侵害の調査を行い、対応策をとっていると述べた。この侵害が明るみに出たのは、分散型のサービス妨害攻撃を行うためのツールが、同社のネットワーク上で発見された後のことだ。

KPNサーバはGoogleやeBay、その他何百万ものサービスが、自身のWebサイトが安易に作成された偽モノではなく、本物であることを証明するために用いる証明書を生成するのに使用されるが、このセキュリティ侵害がこれらサーバに影響を与えるという兆候はない。しかしKPNは、金曜に出した声明ここにGoogleの翻訳がある)で、その可能性を「完全に排除することはできない」と述べている。

今回のセキュリティ侵害は、その最も不安定な、もしくは最も信頼の置けないメンバー程度にしか信頼できないSSLシステムの脆弱さを強調している。600以上の認証局がInternet Explorer、Chrome、Firefoxにより信頼を与えられているが、Google Mail、あるいは他のWebサイト用の証明書の完璧に近いレプリカを作成するには、一つの認証局の証明書発行システムの防御に穴を開けるだけで済むのだ。そして認証局の中には、中国のような国に位置するものもあり、そうした認証局が不正な証明書を発行するよう強要されていると想像しても、行き過ぎとは言えない…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×