IT部門から不正なトレーダーになる方法~上手くやっている連中もいることをお忘れなく 第2回(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

IT部門から不正なトレーダーになる方法~上手くやっている連中もいることをお忘れなく 第2回(The Register)

国際 TheRegister

IT部門から不正なトレーダーになる方法
~上手くやっている連中もいることをお忘れなく

By Dominic Connor
Posted in Developer, 20th September 2011 09:30 GMT

デスクに移る
ITの上司に移動を頼まないこと。あなたは彼に花を持たせているのだから、もしあなたが別のグループに加われば、彼は目に見える生産性の一部を失うだけでは済まないことになり、あなたの後任を探さないかもしれない。彼がこうした葛藤を持つことを予測し、これがリスクのない選択肢ではないことに注意すべきだ。最近、私の候補者の一人が、行内の別の部門に異動しようとしていたため、今年のボーナスは無しだとハッキリ言われた。彼はもう、その銀行にはいないが、そういうもなのだ。

低い地位にいる友人たち
下の方から出世するということは、あらゆるレベルで人脈を築けることを意味しており、それまで以上のアクセス権を持つことになる。なぜなら、237ページのセキュリティ手順書があっても、アクセスとパスワードは通常、あなたが持つべきだと判断しなければ分け与えてはくれない、複数のBOFHとベテラン達によってコントロールされているからだ。

これらの人々とパブに行く時は、最初にビールをおごる習慣を身に付けること。負担はかかるが、後でむくわれる。彼らが失敗した時に問題解決の手伝いができれば、なお良い。

また、何かすぐに片づける必要がある時、誰に頼むべきか知ってもらえば、あなたの目に見える生産性はさらに強化される。自分のバックアップチームに花を持たせるようにしよう。あなたにとって最も害になるのは、手柄を横取りする人物とみなされることだ。トレーダーたちは、どのように解決されたかは気にかけない。あなたが仕事をしたなら、あなたが頼むべき人物なのだ。

スプレッドシートの修正を行っているあなたが、他の人のデスクにいるのを見ても、誰も変だとは思わない。実際、あなたの違法な捜し物は、年長の人々が自分のパスワードをあなたに教えると主張することで終わりを告げるだろう。

トレーダーのようだが詐欺師未満
どんな野心的な詐欺師も、高い評価を受けているナシム・タレブの著作をすべて読むべきだ。彼の意見に同意する必要は無いが、「黒鳥」」を読んでいないトレーダーは、ガーディアンを読まないBBCエグゼクティブのようなもので、浮いてしまう。ブラックジャックを利用した、リスクマネジメントに関するポール・ウィルモットのレクチャーは必須だし、一流の数学者であり、ラス・ベガスに大打撃を与え、回避のためルール変更を余儀なくさせた、エド・ソープの「ディーラーをやっつけろ!」も読むべきだ。

また難問、特にコインを投げるようなタイプに対する、病的な関心も必要だ。そう、トレーダーは投げられたコインの組み合わせの確率を、どれくらい良く理解しているかに基づいて選ばれる。金融市場の問題について、たった一つのステートメントから全てを理解することができるわけだ。

デジタルTVニュースチャンネルの最後にひかえているのがブルームバーグだ。不正トレーディングを目指した最初の日から、ブルームバーグをバックグラウンドノイズとして使用することを習慣にしよう。

非標準型のメソッド
非標準型デリバティブを使用する必要は無い。ギリシャは債権で崩壊し、以前の詐欺師たちは高度な論理のように聞こえるメソッドを使用してきたが、決して非標準型ではない。

ある意味では、すべての金が長い間、容易な所から搾取されてきたばかりに、何事も複雑さは同程度なので、トレーディングを行う領域が何であれ、深く入り込む必要がある。現実的であることも大切だ。あなたは大した事のない教育を受け、あまり誠実ではなく、金儲けに夢中で、手に入るものは何でも手に入れようとする。理想的なのは、ハイボリュームデスクだろう。トレーダーたちは絶えず失敗しており、あなたは自分の戦略を騒々しい連中の中に紛らわせたいはずだからだ。

もちろん、直属の上司たちは、あなたが何を企んでいるか見抜くべきだが、それをきちんと行うには、職務上の限界を超えた小さな逸脱が、かなりの回数くり返されている必要がある。そして手順の一環として、ボスは騒がしいバーでさりげなく、彼が追っているちょっとした行きすぎに言及する。あなたには、彼に報告するか(自分のキャリアを終わらせることになる)、もしくは問題にしないという選択肢がある。もちろんあなた次第だが、初日から自分の裁量でやってきたのだし、他のトレーダー達と熱心に交わるように心掛けるべきだが、それが自分を囲む鉄壁だとは考えないことだ。

生存者権のバイアス
ニュースで見る例にはバイアスがある。なぜなら罠に掛かった詐欺師は、大きく賭けて失敗した者だからだ。私もそうだが、あなたは詐欺師が折にふれ、運に恵まれる必要があることを理解している。彼らが自然のなりゆきで手錠を掛けられ、連行されたと思うだろうか? 私もそうは思わない。

一度始めれば、あなたはその瞬間から、目に見えない時計が終わりに向かってカチカチと時を刻み始めると考えなければならない。銀行には非常に優秀なセキュリティスタッフがおり、彼らは自分達があなたの行動をモニタリングしていることに、容易に気づかれるとは思っていない。

自分の足跡を隠す
詐欺師になるもう一つの動機は、転職の失敗というありがちなものだ。それは埋め合わせの必要がある。自分のキャリアがトレーディングから、失敗したトレーダーの掃きだめ、すなわちビジネス・アナリストに変わってしまうのだから。

取引を他のグループにパークすることで、そのグループからリミットを借りられるということも念頭に置いておこう。市況から、デスクのいくつかが限界値まで使用しない場合の便利なトリックだ。

もちろん、これはばれるだろうが、もしあなたが自分の仕事をキチンと行っているなら、データ入力エラーのように見えるか、またシステムに問題が出たのだろうと思われる。聞かせたい人々の耳に入るようなボリュームで下品な言葉をつぶやき、自分が「エラー」を発見した人になることを選ぶこともできる。彼らはあなたが問題を解決すると思うだろう。結局、我々は信じた相手にしか騙されることは無い。その他すべてのことは、ただのビジネスなのだ。(原文

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×