Kernel.orgのサーバに不正アクセス、システムを改ざんされる(Kernel.org) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.24(木)

Kernel.orgのサーバに不正アクセス、システムを改ざんされる(Kernel.org)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

Kernel.orgは8月31日(現地時間)、Kernel.orgのインフラにある数台のサーバが不正侵入され、危険にさらされる事態にあったことが判明したと発表した。現在、ソースコードのリポジトリを検証するとともに、インフラ全体のセキュリティ強化を行うとしている。これは8月初め、侵入者がサーバ「Hera」へのroot権限を得てOpenSSHサーバとクライアントを変更、トロイの木馬を起動するファイルをシステムに追加したというもの。

また、ユーザ操作のログが記録されていただけでなく、Exploitコードも仕込まれていたという。なお、root権限を入手した経緯は不明であるが、乗っ取ったユーザの権限を利用した可能性があるとしている。Kernel.orgでは現在、米国と欧州の当局に通知し調査を行うとともに、kernel.orgのすべてを再インストールする。また、Linuxカーネル内の各ファイルはハッシュ値を計算して安全を確認するという。
(吉澤亨史)

http://kernel.org/#news
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×