ScanDispatch「認証局は本当に信頼できるのか?偽のGoogle証明書」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

ScanDispatch「認証局は本当に信頼できるのか?偽のGoogle証明書」

国際 海外情報

 またしても、認証局がハッキングされた。

 マイクロソフトは8月30日、セキュリティ アドバイザリ(2607712)において「マイクロソフトの証明書信頼リストから DigiNotar のルート証明書を削除しました」と発表しているが、今回ハッキングされたのはオランダの認証局のDigiNotar社だ。

 DigiNotar社はVasco社の子会社で、Vasco社のプレスリリースによると「7月19日にDigiNotar社は、Googleを含む偽のPublic Key Certificateを発行する結果となったCAインフラに対する侵入を発見」し、侵入を発見後「対策を取り、第三者機関に監査を依頼して偽の証明書はすべて取消しされたと確認した」が、「最近になってオランダ政府のGovcertから、少なくともひとつの証明書が取消しされずに残っていることを知らされ、即座にこれを取り消した」と発表している。この取り消しが遅れてしまったものが、どうやらGoogleの偽証明書なのだ。

 今年の3月、CAのリセラーであるComodo社にイランのハッカーが侵入し、Gmailなどオンラインメールの偽の証明書を発行した事件を覚えているだろうか? 今回のハッキングもイランが背後にあるとニュースでは書かれているが、F-SecureのMikko Hypponen氏は、イランのハッカーと自称する誰かが「Hacked By KiAnPhP Extrance Digital Security Team Iranian Hackers」という署名を発見したと、8月30日付けのブログで発表している。

 イランのハッカーが背後にいるかいないに関わらず、偽の証明書がイラン国内で中間者攻撃に使われていることは確かなようだ。
 Google社はそのブログで、Information Security ManagerのHeather Adkins氏が29日、「今日、Googleユーザを対象にしたSSLのMITM攻撃のレポートを受け取った……この攻撃の影響を受けた人は主にイラン国内にいる」と発表した。

 またMikko Hypponen氏によると、そもそも今回の事件を最初に発見したのは、スウェーデンのセキュリティ専門家であるHamid Kashfi氏で、彼がTwitterに「#Google MiTM attack by #Iran #government, again? bit.ly/qGTf0a can anybody confirm or provide pcap & traceroute? please re-tweet」と28日にTweetしたことが発端になっているそうだ。

 Hamid Kashfi氏が、「イラン政府によるGoogleのMITM攻撃? このURLを確認してpcapとtracerouteをしてくれないか?」と頼んでいる問題のURLは、Googleヘルプフォーラムにaliboというユーザがアップロードしたヘルプを示しており、aliboは「Gmailのアカウントにログインしようとしたら、Chromeから警告が出た。これがスクリーンショトで、これが偽証明書をデコードしたテキスト(pastebinのurl)。VPNを使ったときは警告が出てこなかった。ISPか政府がこの攻撃を行っていると思う(というのは、僕はイランに住んでいて、Comodoハッカーのことは有名だから)」と書いている。

 Hamid Kashfi氏のこのTweetに、Moxie Marlinespike氏が「pastebinののシグネチャを確認した。有効な証明書だ」と返答している。Moxie Marlinespike氏はアメリカのセキュリティ専門家でWhisper Systems社の創設者にて、SSLに関する研究で非常に有名だ。
 こうした認証局へのハッキング、偽の証明書によるMITM攻撃が頻繁に行われるようになり、認証局は本当に信頼できるのだろうか?という疑問が生じても当然だろう。

※本記事は有料購読会員に全文を配信しました


マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/2607712.mspx

FireFox ヘルプページ
http://support.mozilla.com/ja/kb/deleting-diginotar-ca-cert

VASCOプレスリリース
http://www.vasco.com/company/press_room/news_archive/2011/news_diginotar_reports_security_incident.aspx

Google Blog
http://googleonlinesecurity.blogspot.com/2011/08/update-on-attempted-man-in-middle.html

Googleヘルプフォーラム
http://www.google.com/support/forum/p/gmail/thread?tid=2da6158b094b225a

Convergence
http://convergence.io

Prospective Project
http://perspectives-project.org/

(米国 笠原利香)
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  3. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 「過激派の」Tails や Tor を使っている? おめでとう、あなたは NSA のリストに載っている~Linux 情報サイトの読者や、プライバシーに関心を持つネット市民が標的にされているとの報告(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×