スポーツ施設の指定管理者、約1万名の個人情報を記録したPCが盗難被害(千葉市、テルウェル東日本) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

スポーツ施設の指定管理者、約1万名の個人情報を記録したPCが盗難被害(千葉市、テルウェル東日本)

千葉市教育委員会生涯学習部社会体育課およびテルウェル東日本株式会社は8月4日、指定管理業務における業務用PCの盗難が発生したと発表した。これは、高洲市民プールほか34のスポーツ施設における指定管理者であるテルウェル東日本・スポーツクラブNASグループの社員が通

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
千葉市教育委員会生涯学習部社会体育課およびテルウェル東日本株式会社は8月4日、指定管理業務における業務用PCの盗難が発生したと発表した。これは、高洲市民プールほか34のスポーツ施設における指定管理者であるテルウェル東日本・スポーツクラブNASグループの社員が通勤途中に業務用PCの盗難に遭い、同PCからアクセス可能な「スポーツ施設予約システム」に登録されている個人情報等が流出した可能性があるというもの。

流出した可能性のある個人情報は、高洲市民プールほか34施設のスポーツ施設予約システムの登録者9,769名分の氏名、住所、生年月日、電話番号、メールアドレス、また管理施設内で発生した事故報告書に記載された負傷者5名の氏名、年齢、電話番号。盗難が発生した日の13時頃には管理者専用サイトのパスワードを変更し、同PCによりスポーツ施設予約システムの管理者専用サイトから個人情報を不正に閲覧される可能性に対処したという。
(吉澤亨史)

http://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/hisho/hodo/download/110804-05-01.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×