ScanDispatch「標的型攻撃で国家機密にバックドア」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

ScanDispatch「標的型攻撃で国家機密にバックドア」

 最近、著名企業に対するハッキング事件の報道が非常に多い。CIA、ソニー、米国の公共放送のPBS、米国上院のWebページ。IMF、Citi銀行、Oak Ridge National Laboratory、ジャーナリストや米国政府のオフィシャルのGmailのアカウント、ロッキードマーチン社……。  CIA

国際 海外情報
 最近、著名企業に対するハッキング事件の報道が非常に多い。CIA、ソニー、米国の公共放送のPBS、米国上院のWebページ。IMF、Citi銀行、Oak Ridge National Laboratory、ジャーナリストや米国政府のオフィシャルのGmailのアカウント、ロッキードマーチン社……。
 CIA、PBSや上院への攻撃はWebページの単なるデフェースメントで、Citi銀行への攻撃はクレジットカード情報が盗難されており、金銭的目的であることが伺える。しかしその他の攻撃は、国家にとって重要な情報や人物をターゲットにしたものとなっている。それぞれの攻撃の発信地、手法などを見ていこう。

 攻撃対象になったGmailユーザは、ホワイトハウスのスタッフ、米国政府職員、ジャーナリストや反中国政府アクティビストらだ(Venture Beat)。この攻撃は、対象者に同僚や実存する有名団体などを偽ったフィッシングメールに、偽のGmailのログインへのリンクが貼られているものだった。リンクをクリックして偽のログインスクリーンを使い、ユーザのメールのパスワードを盗むのがその目的だったと思われる。この攻撃は中国のNSAがあるとされる済南市の、Lanxiang高等技術学校から実施されたと報道されている(Politico)。

 ロッキードマーチン社のマリーランド州にあるデータセンタへの攻撃は、ロッキードマーチン社のVPNに不法接続することによりデータセンタへ攻撃している。以前報道したRSAのセキュアトークンであるSecureIDの脆弱性を利用したものであり、ロッキードマーチン社とRSAの2つの攻撃は関連していると報道されている(DailyTech)。

 一方IMFだが、13日に「Bloomberg Businessweek」は、IMFへの攻撃が某国がバックアップしたハッキングであるとするセキュリティ・エキスパートを引用している。それによると、「書類、メールなどの膨大な量のデーターが」盗難されたそうだ。IMF側からはハッキング、あるいは攻撃がどのような方法で行われたかについては発表されていない。しかしIMFの従業員がIMFのインフォメーションテクノロジー部から、「フィッシングが増加しているため、メールにあるリンクやファイルは送信者をきちんと確認するまで開かないように」という趣旨の通知をされているとのことで、フィッシングが利用されているのが推測できる。

 Oak Ridge National Laboratoryへの攻撃も、同じようなフィッシングが利用されている。人事部からのものと見せかけたメールを500人強の従業員に送り、そのうち約60人ほどがメールにあったリンクをクリックし、

※本記事は有料購読会員に全文を配信しました

(米国 笠原利香)
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×