iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

ソフォス株式会社は6月14日、「iPhoneで絶対に使ってはいけないパスコードトップ 10」をニュースとして公開した。これは同社本社のセキュリティブログ「Naked Security」の翻訳記事。Apple iPhoneアプリケーションの開発者であるDaniel Amitay氏は、システムを保護するた

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ソフォス株式会社は6月14日、「iPhoneで絶対に使ってはいけないパスコードトップ 10」をニュースとして公開した。これは同社本社のセキュリティブログ「Naked Security」の翻訳記事。Apple iPhoneアプリケーションの開発者であるDaniel Amitay氏は、システムを保護するために使用する4桁のパスコードについての調査結果を発表した。この調査は実際にユーザが使用しているパスコードをチェックしたものではなく、Daniel Amitay氏が開発したアプリケーション「Big Brother Camera Security」のセキュリティ保護のためにユーザが選択したパスコードを匿名データとして収集したもの。最終的に204,000以上のパスコードを収集した。

調査結果では「1234(1位)」「0000(2位)」「1111(4位)」など、あまりにも予測されやすいパスコードが上位を占めた。また、「0852(7位)」や「2580(3位)」もキーパットのキーを上または下に順番に入力しただけであるため、推測されやすく賢明なパスコードではないとしている。なお、キーパットでアルファベットを入力するときに「LOVE」の配列となる「5683」や、誕生年や卒業年と思われる「1998」も多く使用されていることが明らかになった。
(吉澤亨史)

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/news/articles/2011/06/top10-passcodes-iphone.html
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×