ルートキット「TDSSファミリ」を詳細解説--フォーティネットレポート(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

ルートキット「TDSSファミリ」を詳細解説--フォーティネットレポート(フォーティネット)

フォーティネットジャパン株式会社は6月13日、脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートは、同社のFortiGuard Labsが世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集したデータに基づき

脆弱性と脅威 脅威動向
フォーティネットジャパン株式会社は6月13日、脅威動向に関する最新レポートを発表した。本レポートは、同社のFortiGuard Labsが世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集したデータに基づき、過去4週間の脅威に関する統計およびトレンドを収集・集計したもの。レポートでは、64ビットのWindows OSを感染させることができるルートキットのTDSSファミリに関連した2つの顕著な検知結果について詳しく述べている。

Microsoft社は4月中旬に出されたセキュリティアドバイザリの中で、TDSSルートキット・ファミリの侵入が既知となっていたドライバ署名強制の脆弱性を修復したと述べている。TDSSは依然として活発で勢力があるので、対象のMicrosoft Windowsのx64エディションを実行している場合、このクリティカルアップデートを適用することを強く勧めている。また、5月中にFortiGuard Labsが検知した中で最も顕著であったウイルスは「Fraudload.OR」であった。これは、偽ウイルス対策ソフトの形をとって自らを隠ぺいするが、Fraudloadには他のトロイの木馬やマルウェアをFraudloadに感染したシステムにダウンロードする機能もあるという。
(吉澤亨史)

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2011/pr061311.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×