スマートフォン向けリモートアクセスとワンタイムパスワードを連携(マクニカネットワークス、CSE) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

スマートフォン向けリモートアクセスとワンタイムパスワードを連携(マクニカネットワークス、CSE)

マクニカネットワークス株式会社と株式会社シー・エス・イー(CSE)は6月3日、「スマートフォン向けSSL-VPN/本人認証連携ソリューション」として、スマートフォンによるセキュアリモートアクセス構築支援・市場活性化に向けて協業すると発表した。両社はスマートフォン用

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マクニカネットワークス株式会社と株式会社シー・エス・イー(CSE)は6月3日、「スマートフォン向けSSL-VPN/本人認証連携ソリューション」として、スマートフォンによるセキュアリモートアクセス構築支援・市場活性化に向けて協業すると発表した。両社はスマートフォン用L3リモートアクセスモジュール「Junos Pulse」と本人認証ワンタイムパスワード製品「SECUREMATRIX」の連携動作検証を共同で実施し、連携認証の実現に至った。

「Junos Pulse」は、米ジュニパーネットワークス社製SSL-VPNリモートアクセスアプライアンスSecure Accessシリーズ(Juniper SA)に対応しているスマートフォン用の統合クライアントモジュール。Juniper SAが提供するNetwork Connect接続(L3(トンネリング)接続)の利用をJunos Pulseでも実現することで、スマートフォン、タブレット端末においてもセキュアなリモートアクセス環境の構築が可能になる。また「SECUREMATRIX」は、認証デバイスのいらないワンタイムパスワードを使用した本人認証システム。人が頭の中に思い描くイメージを利用し、アクセスする度に異なるパスワードを実現する。両製品の連携によって認証時のユーザ負荷を軽減する。
(吉澤亨史)

http://www.macnica.net/pressrelease/junipersa_110603.html/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×