「Hotmail」を介した攻撃を確認、受信トレイの全メールを盗まれる可能性(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

「Hotmail」を介した攻撃を確認、受信トレイの全メールを盗まれる可能性(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は5月24日、マイクロソフトの無料Webメール「Hotmail」を介した攻撃を同社において確認したとして同社ブログで注意喚起を発表している。これは、台湾のリージョナルトレンドラボに所属するエンジニアが、自身のWebメールアカウントで特別に細工

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は5月24日、マイクロソフトの無料Webメール「Hotmail」を介した攻撃を同社において確認したとして同社ブログで注意喚起を発表している。これは、台湾のリージョナルトレンドラボに所属するエンジニアが、自身のWebメールアカウントで特別に細工されたメールを受信したことから明らかになったというもの。今回用いられた手口は、メールを開いて本文に埋め込まれたリンクをクリックさせたり、添付ファイルを実行させるような典型的なものとは異なり、ユーザが受信したメールをプレビューで表示するだけで不正プログラムに感染するというものであった。

さらなる解析の結果、この攻撃ではHotmailの脆弱性(本攻撃を最初に確認した時点では未修正)が悪用されていることを確認した。このメールは中国語で記載されており、「あなたのFacebookアカウントがこれまで使用されたことのない場所からアクセスされているため、セキュリティ対策として一時的にアカウントをロックした」として、リンク先からアカウント情報を管理するようにという内容であった。しかし、リンク先のURLにはHotmailのアカウント名と数字が含まれており、特定の数字が挿入されていた場合はWebメールの受信トレイにあるすべてのメールが攻撃者に収集される可能性がある。
(吉澤亨史)

http://blog.trendmicro.co.jp/archives/4178
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×