Webシステムで作られたFXシステムを対象としたセキュリティ診断サービス(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

Webシステムで作られたFXシステムを対象としたセキュリティ診断サービス(NRIセキュア)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は5月25日、金融機関向けの「FX(外国為替証拠金取引)システム専用セキュリティ診断」サービスを同日から提供開始したと発表した。価格はシステムの規模に依存するが、最小価格300万円(税抜き)から。本サービスは、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は5月25日、金融機関向けの「FX(外国為替証拠金取引)システム専用セキュリティ診断」サービスを同日から提供開始したと発表した。価格はシステムの規模に依存するが、最小価格300万円(税抜き)から。本サービスは、Webシステムで作られたFXシステムを対象としたセキュリティ診断サービス。金融サービスを提供するWebシステムに存在する可能性があり、一般的なWebセキュリティ診断では発見されにくい脆弱性を検出するための、金融システム特化型のセキュリティ診断サービスとなっている。

同社が長年のセキュリティ診断サービスやセキュリティ設計支援の提供を通じて培ったノウハウと、金融機関の情報セキュリティサービスを支援することで積み重ねた金融システムにおけるビジネスロジックの見識を組み合わせ、金融システム特有の脆弱性を診断する。既存のWebアプリケーション診断サービスには含まれていない、FX取引の特性をふまえた特有の評価項目を設定し、その項目に従って同社のテクニカルコンサルタントが手作業で脆弱性の有無を診断する。
(吉澤亨史)

http://www.nri-secure.co.jp/news/2011/0525.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×