「pWhois Layer Four Traceroute」に権限を昇格される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2021.10.25(月)

「pWhois Layer Four Traceroute」に権限を昇格される脆弱性(JVN)

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月5日、pWhoisが提供するネットワークツール「pWhois Layer Four Traceroute」に権限を昇格される脆弱性が存在すると「Japan Vuln

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月5日、pWhoisが提供するネットワークツール「pWhois Layer Four Traceroute」に権限を昇格される脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

「Layer Four Traceroute 3.3より前のバージョン」には、コマンドライン引数の解析処理に起因する権限昇格の脆弱性(CVE-2011-0765)が存在する。Layer Four TracerouteがSETUID rootされている場合、ローカルユーザがroot権限を取得する可能性がある。なお、Layer Four Tracerouteを同梱して配布しているディストリビューションでも「lft」バイナリをSETUID rootしないものは、本脆弱性の影響を受けない。JVNでは、開発者が提供する情報をもとにLayer Four Traceroute 3.3以降へアップデートするよう呼びかけている。
(吉澤亨史)

http://jvn.jp/cert/JVNVU946652/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×