「東北地方太平洋沖地震」便乗サイバー犯罪に注意--情報の冷静な精査を(ScanNetSecurity編集部) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.19(日)

「東北地方太平洋沖地震」便乗サイバー犯罪に注意--情報の冷静な精査を(ScanNetSecurity編集部)

製品・サービス・業界動向 業界動向

三陸沖を震源とするマグニチュード8.8(暫定値)という観測史上最大の地震「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」をはじめ、茨城、長野、秋田など連続して発生した地震および津波は海外でも注目を集めており、福島の原子力発電所で放射能漏れの可能性などと合わせ、さまざまな情報がネット上を飛び交っている。またネットの機動力を活かして、Yahoo!などの企業やレディ・ガガなどの有名人が募金や寄付を募っている。
しかし、地震に注目しているのはサイバー犯罪者も同様だ。

スマトラ沖地震やニュージーランド地震と同様に、今回の地震においてもウイルスメールやフィッシングの動きが見られる。地震発生の数分後からFacebookにおいてフィッシングが確認されており、早々にドメインを取得し、寄付サイト用のテンプレートから偽の寄付サイトを立ち上げたサイバー犯罪者も確認されたとの情報もある。寄付しようとしてアクセスすると「偽セキュリティ対策ソフト」のようなマルウェアが待ち受けている可能性もある。

また、地震の写真や動画によるニュースなどを装う常套手段も使用されている。こういった情報はメールやTwitter、Facebookにより拡散されている。うっかりリンクをクリックしてしまうと偽サイトに誘導される。さらに「地震(Earthquake)」「津波(Tsunami)」などをキーワードとするSEOポイゾニングも始まっていると指摘するセキュリティベンダもある。

大災害のときにはインターネット上にさまざまな情報が氾濫する。特にTwitterでは、デマや偽の情報までRTで広がる傾向が強く、注意が必要だ。気になる情報は必ず発信源を確認し、信頼できる情報をRTするよう心がけたい。また、Twitterでは情報の重複を避けるために「公式RT」を推奨している。
(ScanNetSecurity編集部)

米トレンドマイクロ:“Most Recent Earthquake In Japan” Searches Lead to FAKEAV
http://blog.trendmicro.com/most-recent-earthquake-in-japan-searches-lead-to-fakea/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+Anti-MalwareBlog+%28Trend+Micro+Malware+Blog%29

Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

@nifty Web募金
http://donation.nifty.com/tokusetsu/service/tokusetsu1/

goo募金
http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/

Lady Gaga Japan Earthquake Relief  | Shop the Lady Gaga Official Store
http://ladygaga.shop.bravadousa.com/Product.aspx?cp=14781_42444&pc=BGAMLG88
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  6. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×