BIND 9.7.xにDoS攻撃を受ける危険度の高い脆弱性、ユーザに対策呼びかけ(JPRS) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

BIND 9.7.xにDoS攻撃を受ける危険度の高い脆弱性、ユーザに対策呼びかけ(JPRS)

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は2月23日、BIND 9.7.xの脆弱性を悪用するDoS攻撃について緊急情報を発表した。これは、BIND 9.7.1から9.7.2-P3までのバージョンに実装上の不具合があり、ゾーン情報の更新に差分転送(IXFR)またはDynamic Update機能を使用して

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は2月23日、BIND 9.7.xの脆弱性を悪用するDoS攻撃について緊急情報を発表した。これは、BIND 9.7.1から9.7.2-P3までのバージョンに実装上の不具合があり、ゾーン情報の更新に差分転送(IXFR)またはDynamic Update機能を使用している場合、namedに対するリモートからのDoS攻撃が可能になる脆弱性が存在することが、開発元のISCより発表されたというもの。

本脆弱性は危険度が高いため、該当する状況でBIND 9を利用しているユーザは、関連情報の収集やバージョンアップ等、適切な対応を取ることを強く推奨している。解決策は、BIND 9.7.3へのアップグレード、または各ディストリビューションベンダからリリースされたパッチの適用を実施することだが、一時的な回避策としてマルチスレッド機能を無効にしてBIND 9を再構築する、または実行時オプション「-n 1」を指定してワーカースレッド数を1個に設定することを挙げている。ただしこの場合、DNSサーバの性能が低下する。
(吉澤亨史)

http://jprs.jp/tech/security/bind97-vuln-ixfr-and-dynamic-update.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×