資産管理、漏えい対策、必要な機能を選択できるセキュリティソフト(富士通東北システムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

資産管理、漏えい対策、必要な機能を選択できるセキュリティソフト(富士通東北システムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社富士通東北システムズは2月22日、中小規模企業向けセキュリティソフトウェアの新製品「DefenseWinBee」および「IPWATCHER-Bee」を3月1日より提供開始すると発表した。同社ではこれまで、クライアントセキュリティ対策ソフトウェア「DefenseWin」、および簡単にネットワーク管理とセキュリティを実現する「IPWATCHER」を販売してきた。

新製品ではこれらの2製品を統合・連携し、必要な機能をアクティベート(機能選択)して利用できるように機能と価格を刷新している。これにより、特に中小規模企業向けに安全・安心を安価に提供する。業務利用できるUSBメモリの限定(デバイス制御)や、利用するクラウドサービスの限定(ウィンドウ制御)およびログを記録・管理する情報漏えい対策、PCの紛失や盗難、稼働の有無、スペックなどをチェックする資産管理機能、PCおよびネットワークの管理機能などが用意されている。
(吉澤亨史)

http://jp.fujitsu.com/group/tohoku/release/20110222.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×