Adobe ReaderおよびAcrobatのセキュリティ修正プログラム適用を呼びかけ(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

Adobe ReaderおよびAcrobatのセキュリティ修正プログラム適用を呼びかけ(警察庁)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

警察庁は2月9日、アドビシステムズ社のAdobe ReaderおよびAdobe Acrobatのセキュリティ修正プログラムについて「@police」において発表した。このセキュリティ修正プログラムは、Adobe Reader X(10.0)、Adobe Reader9.4.1 およびそれ以前、Adobe Acrobat X(10.0)およびそれ以前に確認された、意図しないプログラムを実行される脆弱性(Adobe - Security Bulletins:APSB11-03)を解消するもの。

警察庁では、アドビシステムズ社のサイトから、Adobe ReaderおよびAdobe Acrobatを最新バージョンにアップデートするよう呼びかけている。なお、更新作業は利用するアプリケーションへの影響を考慮した上で行うこととしている。
(吉澤亨史)

http://www.npa.go.jp/cyberpolice/topics/?seq=5688
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×