IANAの/8ブロックの分配が終了に、2011年後半にはIPv4在庫が枯渇(JPNIC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

IANAの/8ブロックの分配が終了に、2011年後半にはIPv4在庫が枯渇(JPNIC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は2月1日、IANA(Internet Assigned Numbers Authority)から同日未明(IANA所在地のカリフォルニアでは1月31日)に、アジア太平洋地域の地域インターネットレジストリ(RIR:Regional Internet Registry)であるAPNICに対して最後のふたつの/8ブロック(ひとつの/8ブロックは約1,678万アドレス)が分配されたと発表した。

これにより、IANAの/8ブロックの残りは5ブロックとなった。近日中には「/8ブロックの残りが最後5ブロックとなった際、それらは世界に5つあるRIRにひとつずつ分配され、すべての割り振りを終了する」というポリシーがIANAによって施行される予定。このポリシーが施行されると、IANAの中央在庫は枯渇することになる。各RIRはIANAの在庫枯渇後もIPv4アドレスの分配を継続していくが、アジア・太平洋地域では2011年後半には在庫が枯渇すると予測されている。
(吉澤亨史)

http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2011/20110201-01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×