Google Appsの2要素認証を可能にするワンタイムパスワード機能を提供(ベイテックシステムズ、VASCO) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

Google Appsの2要素認証を可能にするワンタイムパスワード機能を提供(ベイテックシステムズ、VASCO)

株式会社ベイテックシステムズと株式会社VASCO Data Security Japan(VASCO)は1月26日、GoogleのGoogle Appsを使用した社内情報システムの導入支援サービス「サテライトオフィス・プロジェクト」の中で、Google Appsのセキュリティを向上させる「サテライト・セキュリテ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ベイテックシステムズと株式会社VASCO Data Security Japan(VASCO)は1月26日、GoogleのGoogle Appsを使用した社内情報システムの導入支援サービス「サテライトオフィス・プロジェクト」の中で、Google Appsのセキュリティを向上させる「サテライト・セキュリティーパック for Google Apps」にワンタイムパスワード機能を追加し、販売を開始と発表した。

本サービスは、Google Appsのセキュリティを強化するための利用IPアドレス制限、利用端末制限、iPhone/iPadなどのスマートフォン個体認証、外部アプリケーションとのシングルサインオンを実現している。DIGIPASS製品により、強力な認証を実現し、毎回変わるワンタイムパスワードを低価格で提供しており、DIGIPASS認証トークンにより、通常のGoogle AppsログインID/パスワード認証に加え、ワンタイムパスワードの2要素認証が可能になる。
(吉澤亨史)

http://www.baytech.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×