Google Appsの2要素認証を可能にするワンタイムパスワード機能を提供(ベイテックシステムズ、VASCO) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

Google Appsの2要素認証を可能にするワンタイムパスワード機能を提供(ベイテックシステムズ、VASCO)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ベイテックシステムズと株式会社VASCO Data Security Japan(VASCO)は1月26日、GoogleのGoogle Appsを使用した社内情報システムの導入支援サービス「サテライトオフィス・プロジェクト」の中で、Google Appsのセキュリティを向上させる「サテライト・セキュリティーパック for Google Apps」にワンタイムパスワード機能を追加し、販売を開始と発表した。

本サービスは、Google Appsのセキュリティを強化するための利用IPアドレス制限、利用端末制限、iPhone/iPadなどのスマートフォン個体認証、外部アプリケーションとのシングルサインオンを実現している。DIGIPASS製品により、強力な認証を実現し、毎回変わるワンタイムパスワードを低価格で提供しており、DIGIPASS認証トークンにより、通常のGoogle AppsログインID/パスワード認証に加え、ワンタイムパスワードの2要素認証が可能になる。
(吉澤亨史)

http://www.baytech.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×