携帯電話の個体識別情報取得に不具合、7名の個人情報が漏えいした可能性(サッポロビール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

携帯電話の個体識別情報取得に不具合、7名の個人情報が漏えいした可能性(サッポロビール)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

サッポロビール株式会社は1月14日、同社モバイルサイト会員システムの不具合により、7名の会員の個人情報が、その7名の間で漏えいする可能性のある事故が発生したと発表した。同社ではモバイルサイト会員向けに、住所や氏名などを毎回入力しなくても、ログインするだけで応募ができる機能を提供している。今回、1月1日10時36分から1月11日16時頃の間、一部会員の携帯電話の個体識別情報を正しく取得できず、同一の文字列を個体識別情報として重複して認識したという。

流出した可能性のある個人情報は7件で、同じ7名が氏名、郵便番号、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスを閲覧できた可能性がある。同社では今回の事態を厳粛に受け止め、情報セキュリティについて同社にてあらためて検討し、改善策を実施するとともに再発防止に努めるとしている。
(吉澤亨史)

http://www.sapporobeer.jp/img/shared/pdf/11011401.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×