深刻度の高い脆弱性は特定のWebブラウザに限らず存在--JVN登録状況(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

深刻度の高い脆弱性は特定のWebブラウザに限らず存在--JVN登録状況(IPA)

脆弱性と脅威 脅威動向

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月20日、2010年第4四半期(10月から12月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況を発表した。同期間にJVN iPedia日本語版へ登録した脆弱性対策情報は600件で、累計登録件数が9,600件を突破した。内訳は、国内製品開発者から収集したもの6件(公開開始からの累計は116件)、JVNから収集したもの156件(累計995件)、NVDから収集したもの438件(累計8,516件)となっている。

登録している脆弱性対策情報に関する注目情報として、ウェブブラウザの脆弱性に関する件数の増加を挙げている。2010年12月末までに登録されたJVN iPedia日本語版の脆弱性対策情報9,627件のうち、約12.5%にあたる1,204件がWebブラウザに関するものとなっている。Webブラウザについては、深刻度の高い脆弱性が特定の製品に限らないことが特徴としている。
(吉澤亨史)

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/report/JVNiPedia2010q4.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×