今年はサイバー犯罪者に対し捜査機関の国際的な協力が進む--トレンド予測(フォーティネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

今年はサイバー犯罪者に対し捜査機関の国際的な協力が進む--トレンド予測(フォーティネット)

脆弱性と脅威 脅威動向

フォーティネットジャパン株式会社は1月20日、「フォーティネットが予測する2011年のセキュリティ トレンド上位5」を発表した。これによると、「各国の捜査機関が連携し、サイバー犯罪組織の取り締まりが強化」「将来の犯罪に対抗するため、セキュリティサービスの価格が上昇」「セキュリティ保護システムを迂回する攻撃が増加」「サイバー犯罪関連の業務の需要が高まる」「既存のソースコードを再利用する傾向が強まっており、これまで以上にサイバー犯罪が広がる」が2011年セキュリティトレンド上位を占めるという。

2011年には各国捜査機関による国際的な協力が進み、セキュリティ タスクフォースとの連携が強化され、増加するサイバー犯罪を活動停止に追い込む動きが加速すると予測している。一方でサイバー犯罪者はマシンを感染させようとする攻撃が増大し、すでに感染しているマシンの価値が高まる。また、ASLR/DEPのような保護システムや2010年にGoogle ChromeやAdobeから発表されたサンドボックス技術も新たな攻撃の対象となるとみている。
(吉澤亨史)

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2011/pr012011.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×