サーバ管理ツールと認証局を自動連携するAPIサービス、「EC-CUBE」が採用(GMOグローバルサイン) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

サーバ管理ツールと認証局を自動連携するAPIサービス、「EC-CUBE」が採用(GMOグローバルサイン)

GMOグローバルサイン株式会社は1月12日、サーバ管理ツールと認証局の自動連携を実現できるAPIサービス「ワンクリックSSL」が、1月25日より発売されるクラウドサーバサービス「EC-CUBEクラウドサーバ」に採用されたと発表した。EC-CUBEクラウドサーバは、株式会社ロックオ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
GMOグローバルサイン株式会社は1月12日、サーバ管理ツールと認証局の自動連携を実現できるAPIサービス「ワンクリックSSL」が、1月25日より発売されるクラウドサーバサービス「EC-CUBEクラウドサーバ」に採用されたと発表した。EC-CUBEクラウドサーバは、株式会社ロックオンとファーストサーバ株式会社が共同で開発、提供する「EC-CUBE」でのサイト運営に最適なクラウドサーバサービス。

ECサイト運営にはSSLサーバ証明書の導入が必須であること、また「ワンクリックSSL」によって「EC-CUBEクラウドサーバ」を利用するユーザが煩雑な作業を行わずにGlobalSignのSSLサーバ証明書を導入できることの2点が大きく評価され、今回の採用に至ったという。
(吉澤亨史)

http://www.gmo-hs.com/news/press/globalsign/110112_2049.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×