サーバ管理ツールと認証局を自動連携させるAPIサービスの進化版を提供(GMOグローバルサイン) | ScanNetSecurity
2019.11.23(土)

サーバ管理ツールと認証局を自動連携させるAPIサービスの進化版を提供(GMOグローバルサイン)

GMOグローバルサイン株式会社は12月22日、複数ドメインでSSLサーバ証明書を申請するニーズに対応する「第二世代ワンクリックSSL」サービスを同日より、自社内で複数の証明書を利用する直販の顧客およびホスティング事業者などの再販パートナーの顧客へ向けて提供を開始し

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
GMOグローバルサイン株式会社は12月22日、複数ドメインでSSLサーバ証明書を申請するニーズに対応する「第二世代ワンクリックSSL」サービスを同日より、自社内で複数の証明書を利用する直販の顧客およびホスティング事業者などの再販パートナーの顧客へ向けて提供を開始したと発表した。本サービスは、同社がこれまで提供してきたサーバ管理ツールと認証局の自動連携を実現できるAPIサービス「ワンクリックSSL」の進化版となるもの。

CSRの作成やSSLサーバ証明書のインストールといったWebサーバの設定と本サービスのAPIの呼び出しが簡単に行えるツールを提供することで、サーバ管理ツールとの連携を簡素化、個別開発の省力化と導入までのスピード向上が実現できる。また、利用者とGMOグローバルサインのサーバ間の通信を、新たな認証方式でSSL暗号化することにより、従来の認証方式よりも安全に認証を行うことが可能になった。さらに月単位での契約にも対応している。

http://www.gmo-hs.com/news/press/globalsign/101222_2028.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×