IEの無効なフラグの参照による脆弱性を調査中と発表、すでに攻撃も確認(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.01.26(火)

IEの無効なフラグの参照による脆弱性を調査中と発表、すでに攻撃も確認(マイクロソフト)

マイクロソフト株式会社は11月4日、セキュリティ アドバイザリ「Internet Explorerの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2458511)」を公開した。これによると、新たに一般で報告されたすべてのサポートされるバージョンの Internet Explorerに存在する脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向
マイクロソフト株式会社は11月4日、セキュリティ アドバイザリ「Internet Explorerの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2458511)」を公開した。これによると、新たに一般で報告されたすべてのサポートされるバージョンの Internet Explorerに存在する脆弱性を調査中だという。この脆弱性は、Internet Explorerの無効なフラグの参照が原因で発生するもの。

特定の状況で、オブジェクトが削除された後でも無効なフラグの参照がアクセスされる可能性がある。特別に細工された攻撃では、解放されたオブジェクトにアクセスしようとして、Internet Explorerでリモートでコードが実行される可能性がある。また同社は現時点で、この脆弱性を悪用しようとする限定的な攻撃を確認しているという。調査の完了後、同社は月例セキュリティ更新プログラムなどを通じて適切な措置を講じるとしている。なお、この問題には「CVE-2010-3962」が割り振られている。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/2458511.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×