窓口への情報から沖縄県の家電店に証拠保全手続き、著作権侵害の疑いで(BSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

窓口への情報から沖縄県の家電店に証拠保全手続き、著作権侵害の疑いで(BSA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は9月27日、BSAメンバー企業であるアドビ システムズおよびマイクロソフトの申し立てに基づき、那覇地方裁判所が沖縄県所在の家電販売・修理店(A社)に対し著作権侵害の疑いがあるとして、証拠保全手続きを実施したと発表した。これは、BSAが開設している情報提供窓口に提供された組織内違法コピーに関する詳細な情報に基づくもの。

権利者であるアドビ システムズ、マイクロソフトが2010年7月7日に証拠を付して沖縄地方裁判所に行った申立が認められ、実施された。このケースでは、提供された情報が具体的かつ詳細であったこと、およびユーザ登録状況などから、BSAメンバー企業はA社における違法コピーの蓋然性が高いと判断。証拠隠滅等のおそれがあったため、BSAメンバー企業は証拠保全の申立を行っていた。

http://www.bsa.or.jp/press/release/2010/0927.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×