オンラインゲーム「World of Warcraft」を利用したフィッシング詐欺(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

オンラインゲーム「World of Warcraft」を利用したフィッシング詐欺(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は9月28日、オンラインゲーム「World of Warcraft」を利用したフィッシング詐欺についてブログで報告している。このゲームは、ディアブロを開発したBlizzard Entertainment社が開発、運営しているオンラインRPG。その中に、フィッシングサイトへ誘導するウィスパーを発見したという。このウィスパーは、自分のアカウントがサードパーティのツールを使って誤魔化しているのではないかとBlizzard社が疑っているため、同社のWebサイトにアクセスしてログインし、アカウント設定を確認するように」という内容であった。

しかし本当は、Blizzard社のゲームマスターになりすましているサイバー犯罪者によるもので、Webサイト自体もフィッシングサイトであった。なお、「サードパーティのツール」とはポイントの獲得などのためのボット(タスクを自動化するロボット)のことであり、同ゲームではレベリングやファーミングを行うものもあるという。

http://www.mcafee.com/japan/security/mcafee_labs/blog/world-of-warcraft-spearphishing-and-boting.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×