セキュアコンテンツ・脅威管理ソフト市場規模、2010年は改善の見込み(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

セキュアコンテンツ・脅威管理ソフト市場規模、2010年は改善の見込み(IDC Japan)

IDC Japan株式会社は9月16日、国内セキュアコンテンツ・脅威管理ソフトウェア市場予測を発表した。これによると、2009年の国内のセキュアコンテンツ・脅威管理ソフトウェア市場規模は、前年比0.3%成長とほぼ前年並みであった。同市場は売上規模の大きいアンチウイルス製

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan株式会社は9月16日、国内セキュアコンテンツ・脅威管理ソフトウェア市場予測を発表した。これによると、2009年の国内のセキュアコンテンツ・脅威管理ソフトウェア市場規模は、前年比0.3%成長とほぼ前年並みであった。同市場は売上規模の大きいアンチウイルス製品で年間ライセンスビジネスが確立しており、安定的な収益構造になっている。この傾向は今後も続き、2009年から2014年までの年間平均成長率は1.8%、2014年の市場規模は1,192億円と予測している。

2009年は、企業向けアンチウイルスはほぼ前年並み、その他のメールを含めたメッセージングセキュリティ、Webセキュリティ市場はそれぞれマイナス成長であったが、2010年は企業向けPCおよびサーバ出荷が好調なため、企業向け市場での改善が予測される。またメッセージングセキュリティの分野では、クラウドによるサービスがソフトウェア、アプライアンスを超える成長を見せている。このため2010年は、前年比成長率2.2%、市場規模は1,112億円と予測している。

http://www.idcjapan.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×