ゲストOS数でなくホスト側CPUコア台数に依存するライセンスモデルを提供(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

ゲストOS数でなくホスト側CPUコア台数に依存するライセンスモデルを提供(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

エフセキュア株式会社は9月1日、仮想化環境にあるサーバ用アンチウイルスソフトのライセンス管理を大幅に簡素化する新しいライセンスモデル「エフセキュア バーチャリゼーション サーバ パッケージ」を同日より提供開始したと発表した。本パッケージはゲストOSの増減ではなく、仮想化環境をホストしているハードウェアのCPUコア台数に依存するライセンスモデル。このためライセンス管理の煩雑さを軽減し、管理コストの低減を実現できる。

本パッケージには、「アンチウイルス Windows サーバ」「Linuxセキュリティ フル エディション」「Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」の3製品のアンチウイルス製品が含まれており、Windows、Linuxを問わずに利用できる。またLinuxに関しては、CentOS、Debian、Ubuntuを含む幅広いディストリビューションに対応している。さらに、これら3製品は仮想化環境にあるゲストOSにインストールされた場合でも正式にサポートされる。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2010/fs-news_20100901_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×