CMSの脆弱性を狙う攻撃を多数確認、利用者はバージョン管理を(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

CMSの脆弱性を狙う攻撃を多数確認、利用者はバージョン管理を(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)東京SOCは8月27日、CMSの脆弱性を悪用する攻撃を多数確認しているとしてレポートを公開している。CMSを利用したWebサイトでの代表的な被害事例には、SQLインジェクションによるデータベース情報の漏えいや、リモートからコマンドを実行されて不正なツールをインストールされるなどが挙げられ、多い日には1日に2万件もの攻撃を検知している。特にフリーで公開されているCMSが狙われる傾向にあるという。

6月9日頃からは、フリーのCMS「e107」の0.7.20以前に存在する脆弱性を標的とした攻撃を多数確認している。この攻撃は、GoogleやYahoo!などの検索サイトを利用して攻撃対象とするWebサイトの一覧を作成し、これらのサイトに対し特殊なHTTP POSTリクエストを送信することでBotに感染させる。感染したBotは、攻撃者の準備したIRCサーバに接続し、攻撃者の命令を待ちうけるようになるというもの。2010年には、DedeCMSやJoomla!などが多く狙われており、WordPressやXOOPSなど有名なCMSも攻撃対象となっている。東京SOCでは、脆弱性情報を収集し、定期的なバージョン管理を忘れないよう呼びかけている。

https://www-950.ibm.com/blogs/tokyo-soc/entry/cms_attack_20100827?lang=ja
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×