クラウドベースのセキュリティ技術基盤に新技術、脅威の検出や対策に効果(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

クラウドベースのセキュリティ技術基盤に新技術、脅威の検出や対策に効果(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マカフィー株式会社は8月26日、リアルタイムの保護を実現するクラウドベースのセキュリティ技術基盤「Global Threat Intelligence」に新たなテクノロジを導入、脅威検出力および防護力を強化したと発表した。これにより同社の個人向け製品および法人向け製品は、クラウド上におけるシグネチャ検証により、偽陽性をほぼ完全に排除すると同時に、マルウェアの発生やゼロデイ攻撃、悪質なゾンビなど、未知の脅威に対して強固なセキュリティを実現する。

新たに追加されたテクノロジは、マカフィーのソフトウェアを実行している数百万台のPCを脅威発見のビーコンとして利用するというもの。これにより、新たなサイバー脅威をプロアクティブに見つけ出すことが可能になった。また、従来のマルウェアのフィンガープリントのレベルを超えた、より進んだ対策を作成することが可能になっているという。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10b.asp?pr=10/08/26-2
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×