マッシュアップされたSNSはターゲットになりやすい--マカフィーが報告(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

マッシュアップされたSNSはターゲットになりやすい--マカフィーが報告(マカフィー)

マカフィー株式会社は7月28日、Web 2.0におけるSNSの拡大に伴いさまざまなWebアプリケーションが出現してくる中、ユーザが直面しつつある新たなセキュリティ課題について米McAfee社が考察したレポート「SNSにおけるセキュリティ課題」を発表した。レポートによると、SNS

製品・サービス・業界動向 業界動向
マカフィー株式会社は7月28日、Web 2.0におけるSNSの拡大に伴いさまざまなWebアプリケーションが出現してくる中、ユーザが直面しつつある新たなセキュリティ課題について米McAfee社が考察したレポート「SNSにおけるセキュリティ課題」を発表した。レポートによると、SNSはインスタントメッセージなどといった過去のメディアと同様に、ユーザを獲得していくにつれ、サイバー攻撃者に狙われつつあり、特に「マッシュアップ」されたSNSはターゲットとして狙われる可能性が高いとしている。

攻撃手法には、スピアーフィッシングやソーシャルエンジニアリング、クライアントサイドまたはブラウザベースのゼロデイ脆弱性、ネットワークなどを直接攻撃するターゲット型攻撃などが挙げられる。また、プログラムで生成されるアカウントやリンクリクエストは、事実上SNSボットネットを作り出すことが可能であり、そのボットネットによりスパムやスピアフィッシング、ターゲット型SNSメール・メッセージ、APT(Advanced Persistent Threat:高度で永続的な脅威)などを実行される可能性がある。これらの攻撃に対し、SNSはスタート時点からセキュリティを確保しておく必要があるとしている。

http://www.mcafee.com/japan/security/SNS_security.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×