仮想化環境でのバックアップにデータ保護ソフトとディスクアレイが連携(シマンテック、日立) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

仮想化環境でのバックアップにデータ保護ソフトとディスクアレイが連携(シマンテック、日立)

株式会社シマンテックと株式会社日立製作所は7月22日、マイクロソフト株式会社のサーバ仮想化ソフトウェア「Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V(Hyper-V)」によるサーバ仮想化環境下で、シマンテックのデータ保護ソフトウェア「Symantec NetBackup」と日立のミ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社シマンテックと株式会社日立製作所は7月22日、マイクロソフト株式会社のサーバ仮想化ソフトウェア「Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V(Hyper-V)」によるサーバ仮想化環境下で、シマンテックのデータ保護ソフトウェア「Symantec NetBackup」と日立のミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズ(AMS2000シリーズ)」を連携させたバックアップシステムについて両社で共同検証したと発表した。

また日立は、日立のディスクアレイサブシステムを活用しバックアップシステムの設計・構築を行う「Hitachi Backup/Restore Design & Implementation service」に本検証結果を適用し、「Hyper-V」によるサーバ仮想化環境でサーバ上の業務処理に影響を与えることなく高速バックアップを実現するサービスとして、7月20日より販売を開始した。両社は今後も、サーバ仮想化環境下における両社の製品を活用したクラウド環境向けソリューションの評価・検証を進めていくとともに、高信頼・高性能、かつ柔軟なシステム運用を実現するクラウドサービスの提案、導入を積極的に進めていくとしている。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2010/07/0722a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×