ScanDispatch:アメリカサイバー司令部紋章に隠された秘密 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

ScanDispatch:アメリカサイバー司令部紋章に隠された秘密

国際 海外情報

●全米のギークが謎解きに奮闘。アメリカサイバー司令部紋章に隠された秘密は?

 日本のワイアードでも紹介された、アメリカサイバー司令部の紋章に隠された暗号の解読を巡り、アメリカのブログスペースは話題騒然。
 アメリカサイバー司令部(United States Cyber Command,USCYBERCOM)は、アメリカ戦略軍(United States Strategic Command)の傘下にあるアメリカ軍の総合軍で、2010年5月に実働開始された新しい組織だ。できたてホヤホヤとあって、その紋章もお披露目されたばかりだが、実は、この紋章にはわけの分からない数字の羅列が隠されている。

 紋章をよく見てみると、外側から二つ目の金色の輪に、以下のような数字が並んでいる。

9ec4c12949a4f31474f299058ce2b22a

 一体この数字は何を意味するのか?最初のこの記事を掲載して「最初に正解を寄せた人にTシャツプレゼント」としたたワイアードのブログが火をつけたこのトピック、「united states cyber command seal」と「secret code」でGoogleしてみると、記事を書いている時点で、なんと14万件強のヒットがあるほどの話題急上昇トピックなのだ。AP、APFが両方とも送信しただけでなく、ワシントンポスト紙はロスアンジェルス・タイム紙まで報道している。また、SlashdottやGizmodo、BoingBoingなどの大手テクノロジー系ブログでも報道され、最初にこれを報道したWiredでは、すでに540件ほどのコメントが寄せられているし、その他のブログでも数多くの答えが寄せられている。

ワイアードのブログでは例えば;
*この数字は、海軍、空軍、NSAなどの所在地の緯度経度、あるいは郵便番号だ。
*これをDecimalにすると、68285193481531944。平方根して、261314358。すると、26.131.43.48か、26.13.143.58のIPになって、このどちらも、アメリカ国防総省が保有しているIPで、DoD Network Information Centerの名前で登録されている。
*9ecは、Exective Command(Ascii9=tabだから)4cは陸軍、海軍などの4つの組織を意味し、12949aがロゴの中の雷のシンボル、4fが、FBI、CIA、国務省、国防省の4つをあらわし、31474fがWorld of Warcraftで31474と言えばwand-of-the-ancestorsだから、それに+5の知識が必要ということで、頭脳は武器という意味。299058ce はロゴの中の鍵のシンボル。2bが二つのbodyつまり、男性も女性も参加できるという意味で、22aが参加できる最低年齢!

 Gizmodoでは、
これをバーコードQRイメージにすると、図1のようになる。僕のiPhoneのQRスキャナーでスキャンしてみると、なんと、NICONNECT.COM Poder Cibernetico Brazil 。Peder Ciberneticoは、スペイン語かポルトガル語でCyber Powerっていう意味だ。というのがなかなか鋭い。

 一方BoingBoingからは、
*オマイゴッド!僕のGmailのパスワードだ!
**HexからAsciiにしてみると、???)I???t??????*になる。
などと、それぞれのブログの読者層が分かる答えになっており面白い。

 が、ほとんどの読者が一目で何らかのハッシュだと考えており、QRコードにしてみるというもなかなかな技。が、Pandalabのブログでは、「QRコードというのは誤解。なぜなら、このハッシュがQRコードの中に入っておらず、メタタグに入っているからだ」と言っている。

 そこで正解は?と言うと、これはあきらかにMD5のハッシュで、http://www.md5decrypter.com/にインプットしてみると、アメリカサイバー司令部の使命である、USCYBERCOM plans, coordinates, integrates, synchronizes and conducts activities to: direct the operations and defense of specified Department of Defense information networks and; prepare to, and when directed, conduct full spectrum military cyberspace operations in order to enable actions in all domains, ensure US/Allied freedom of action in cyberspace and deny the same to our adversariesと解ける。

 ちなみにこのサイト、MD5のハッシュをカタログしてあるサイトであり、MD5のハッシュをデクリプトしたわけではない。もちろん、ハッシュをGoogleしても分かってしまうが。

 ワイアードもこの記事のアップデートで、正解と、数多くのコメントが寄せられたことをアップデートしていた。オフィシャルの国防省のブログにも掲載されたというからなかなか。 ほとんどの読者のコメントがこの正解を含んでいたことも確かだが、こういう秘密の番号を紋章に入れるのはいかにもお茶目なアメリカ人だし、読者のコメント蘭で謎解きに必死になって面白いジョークを考え付いたりするギークたちの、その横顔を反映したエピソードだった。

http://www.wired.com/dangerroom/2010/07/solve-the-mystery-code-in-cyber-commands-logo/comment-page-7/

【執筆:米国 笠原利香】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

  5. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  8. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  9. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  10. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×