「パスワードの使い回しは危険」20%がひとつのパスワードを使い回し(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

「パスワードの使い回しは危険」20%がひとつのパスワードを使い回し(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

エフセキュア株式会社は6月17日、パスワード漏えいによる危険が高まっているとして、その設定や管理を見直すよう注意喚起を発表した。同社がドイツ、スウェーデン、イギリスの3カ国で行った市場調査では、ネットユーザの20%がひとつのパスワードを使い回していることが明らかになった。また、回答者の20%がパスワードをポストイットなどに書き留めており、約8%はパスワードを忘れてしまうため、ログインする度にパスワードを変更している。

また、同社が7カ国で行った別の市場調査では、携帯電話端末にパスワードを設定しているのはおよそ半数だったが、イギリスでは27%、アメリカでは13%とセキュリティ意識の低い国も判明している。もっとも意識の高い国はドイツで、68%が携帯電話端末にパスワードを設定していた。同社ではパスワードの使い回しの危険性を呼びかけるとともに、誕生日や名前、ニックネームなどSNSで公開している個人情報に含まれる文字や数字は、絶対にパスワードに使用してはいけないとしている。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2010/fs-news_20100617_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×