FIFAワールドカップの甘い罠、便乗マルウェア攻撃(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

FIFAワールドカップの甘い罠、便乗マルウェア攻撃(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

エフセキュア株式会社は6月9日、FIFAワールドカップに便乗したマルウェア攻撃が増加する可能性があるとして、注意喚起を発表した。FIFAワールドカップは6月10日から開催されるが、サイバー犯罪者は、この世界的が注目するイベントに便乗し、ここぞとばかりに偽チケットをネットで販売したり、ドライブバイダウンロード攻撃(サイトを閲覧した際にユーザの許可なしに有害なプログラムをダウンロードさせる攻撃)や、フィッシング詐欺などで金銭を得ようとする。

同社がドイツ、スウェーデン、イギリスの3カ国で行った市場調査によれば、「ワールドカップの格安チケットに関するリンクをクリックしてしまう」という回答者は全体の28%に上り、このうち8%は「絶対クリックしてしまう」と答えている。サイバー犯罪者は「ワールドカップ」のキーワード検索で偽サイトが上位に表示されるようSEO対策も講じており、試合が始まれば注目選手のスキャンダルに関するスパムメール、センセーショナルな南アフリカのニュース、そしてワールドカップのチケットに関する情報が一層交錯するのは確実であるとしている。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2010/fs-news_20100609_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×