Skype上で短縮URLを悪用するスパムを確認、コンタクト先からのIMに注意(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

Skype上で短縮URLを悪用するスパムを確認、コンタクト先からのIMに注意(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は6月7日、「Skype」のIM(インスタントメッセージ)機能を悪用する、短縮URLを使うスパム活動を確認したと発表した。短縮URLは、文字数制限のあるIMなどで便利な機能だが、本来のURLが表示されないことを悪用し、不正サイトへ誘導するための手

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は6月7日、「Skype」のIM(インスタントメッセージ)機能を悪用する、短縮URLを使うスパム活動を確認したと発表した。短縮URLは、文字数制限のあるIMなどで便利な機能だが、本来のURLが表示されないことを悪用し、不正サイトへ誘導するための手段として使われるケースも多くなっている。今回は、IMを使用したスパム活動において短縮URLを悪用する事例が確認された。

確認されたメッセージは、SkypeのIM機能を使い「fotoo ha :P <ランダムな URL>」という内容で、Skypeユーザの「コンタクト」先から送信される。メッセージ内に記載されている「<ランダムなURL>」の箇所には、URL短縮サービスを提供する「TinyURL」により短くされたURLが表示されており、そのリンク先からは、「slika.exe」というファイル名のワーム「WORM_PALEVO.AZA」がダウンロードされる可能性があるという。

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/securityheadlines/article/20100607092334.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×