Skype上で短縮URLを悪用するスパムを確認、コンタクト先からのIMに注意(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

Skype上で短縮URLを悪用するスパムを確認、コンタクト先からのIMに注意(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は6月7日、「Skype」のIM(インスタントメッセージ)機能を悪用する、短縮URLを使うスパム活動を確認したと発表した。短縮URLは、文字数制限のあるIMなどで便利な機能だが、本来のURLが表示されないことを悪用し、不正サイトへ誘導するための手段として使われるケースも多くなっている。今回は、IMを使用したスパム活動において短縮URLを悪用する事例が確認された。

確認されたメッセージは、SkypeのIM機能を使い「fotoo ha :P <ランダムな URL>」という内容で、Skypeユーザの「コンタクト」先から送信される。メッセージ内に記載されている「<ランダムなURL>」の箇所には、URL短縮サービスを提供する「TinyURL」により短くされたURLが表示されており、そのリンク先からは、「slika.exe」というファイル名のワーム「WORM_PALEVO.AZA」がダウンロードされる可能性があるという。

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/securityheadlines/article/20100607092334.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×