Windows 7およびWindows Server 2008 R2が影響を受ける脆弱性を公開(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.03.05(金)

Windows 7およびWindows Server 2008 R2が影響を受ける脆弱性を公開(マイクロソフト)

マイクロソフト株式会社は5月19日、セキュリティ アドバイザリ「Canonical Display Driver の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2028859)」を公開した。本件のセキュリティ更新プログラムの提供を含め、対応方法を検討中だという。この脆弱性は、Windows 7(

製品・サービス・業界動向 業界動向
マイクロソフト株式会社は5月19日、セキュリティ アドバイザリ「Canonical Display Driver の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2028859)」を公開した。本件のセキュリティ更新プログラムの提供を含め、対応方法を検討中だという。この脆弱性は、Windows 7(64bit)およびWindows Server 2008 R2が影響を受けるもので、「CVE-2009-3678」が割り振られている。

この脆弱性が悪用されると、成功する可能性は極めて低いもののコードを実行される。この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は、影響を受けたシステムの応答を停止させ、自動的に再起動させる可能性がある。同社では現時点で、この報告された脆弱性を悪用しようとする攻撃を認識しておらず、またユーザが影響を受けたという報告は受けていないとしている。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/2028859.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×