アプリケーションを可視化するファイアウォールアプライアンスを発売へ(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

アプリケーションを可視化するファイアウォールアプライアンスを発売へ(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は5月14日、企業向けのファイアウォールアプライアンスである「McAfee Firewall Enterprise」の新バージョンを日本において6月頃に提供予定であると発表した。新バージョンでは、アプリケーションの可視化を可能にしたことで、幅広いWebアプリケーションを識別、管理することが可能となった。これによりセキュリティ管理者は、容易にポリシーを施行できるようになる。

また、リアルタイムの保護を実現するクラウドベースの「Global Threat Intelligence」を活用することで、Webアプリケーション関連のリスクに関する最新の情報を入手できるようになる。さらに、新たに搭載予定の「ユーザー認識機能」により、企業のセキュリティポリシーに合わせたネットワーク対策を実現できる。本機能によってユーザベースで活動を監視、可視化できるため、ユーザとアプリケーションの情報を緊密に関連づけることが可能になる。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10a.asp?pr=10/05/13-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×