「Ctrlを押したままCを」操作を指示する手口など、Facebook スパムを分析(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

「Ctrlを押したままCを」操作を指示する手口など、Facebook スパムを分析(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は5月13日、APAC地域においてSNSシェアの1位を占めるFacebookにおける典型的なサイバー攻撃として、「Facebook スパム」の事例を分析、紹介している。なお、類似の攻撃は国内大手のSNSにおいても起こりうるものだという。Facebookではコメントを掲載できる「Wall(掲示板)」と呼ばれる機能があり、Facebook スパムはここで確認されている。

事例では、煽動的なコメントによってクリックさせるように誘導している。クリックすると、「Ctrlキーを押したままCを押す」「Altキーを押したままDを押す」「Ctrlキーを押したままVを押す」といった一連の操作が指示される。これにより、難読化されたリンクへユーザをアクセスさせる。その結果、サイバー犯罪者が作成したソーシャルアプリケーションを自動的に利用者のアカウントで使用させようとする。このケースでは実害はないが、同様の手口が今後、洗練される可能性が高いため、同社では安易なクリックをしないことが重要としている。

http://blog.trendmicro.co.jp/archives/3496
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×