4月のウイルス検出の約1割がPDF攻撃型ウイルス、ガンブラー攻撃にも悪用(G DATA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

4月のウイルス検出の約1割がPDF攻撃型ウイルス、ガンブラー攻撃にも悪用(G DATA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

G Data Software株式会社は5月10日、同社ウイルスラボによる2010年4月度のマルウェア活動状況報告を発表した。これによると、4月における同社製品によるウイルス検出の約1割がPDF攻撃型ウイルスであり、また新たにオンラインメールサービスを狙ったウイルスが多発したという。分析の結果、ネット犯罪者がPDFの脆弱性を狙った攻撃に焦点を合わせていたことが判明した。

特に「JS:Pdfka-OE」は、4月に検出したウイルスの中で最も割合が多く、全体の1割以上を占めた。また4月新たに登場したウイルスの中で最も多かったのは、「Win32:Rodecap」であり、YahooメールやHotmailといったオンラインのメールサービスを狙ったものであった。PDFに埋め込まれているAcrobat JavaScriptは通常オンになっており、ここが攻略された結果、ガンブラー攻撃にも悪用されている。

http://gdata.co.jp/press/archives/2010/05/pdf1.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×