Microsoft SharePointに権限を昇格される脆弱性、アドバイザリを公開(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

Microsoft SharePointに権限を昇格される脆弱性、アドバイザリを公開(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マイクロソフト株式会社は4月30日、セキュリティ アドバイザリ「Microsoft SharePoint の脆弱性により、特権が昇格される(983438)」を公開した。アドバイザリでは、Microsoft Windows SharePoint Services 3.0およびMicrosoft Office SharePoint Server 2007に存在する可能性のある脆弱性についての新しい報告を調査中であるとしている。

この脆弱性により、攻撃者はワークステーションまたはサーバ環境での特権の昇格ではなく、SharePointサイト内(ブラウザ上)で特権の昇格が起こる任意のスクリプトを実行する可能性がある。脆弱性は「CVE-2010-0817」として登録されているが、詳細情報は公開されていない。なお、Exploit DBやBugtraqではクロスサイトスクリプティングの脆弱性として情報が公開されている。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/983438.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×