Facebookユーザはプライバシーに敏感、雇用や仕事の評価への悪影響を懸念(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

Facebookユーザはプライバシーに敏感、雇用や仕事の評価への悪影響を懸念(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

エフセキュア株式会社は4月23日、同社のフィンランド本社が2010年1月から3月にかけてグローバルに実施した「Facebookユーザの利用状況について」の調査結果を発表した。有効回答者数は450人。調査結果によると、回答者の73%が勤務先でFacebookにアクセスしていることが明らかになった。また、回答者の58%は、少なくとも時折Facebookを利用しており、そのうち4人に3人は上司と「友達」になっていないと回答している。

さらに77%の回答者は、同サイトが提供しているプライバシー設定の機能を積極的に利用していることがわかった。同社のセキュリティアドバイザーであるショーン・サリバン氏は、「Facebookユーザはプライバシーに対して敏感であり、自らの情報を開示すればするほど自分でプライバシーの制御を行わなければならないという危機感を覚えるようだ。」としており、特に雇用や仕事の評価に否定的な影響があることが理由としているという。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2010/fs-news_20100423_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×