2010年4月度のセキュリティパッチ、「緊急」5件を含む11件を公開(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

2010年4月度のセキュリティパッチ、「緊急」5件を含む11件を公開(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マイクロソフト株式会社は4月14日、2010年4月度のセキュリティ情報を公開した。今回は11件のパッチが公開されており、最大深刻度「緊急」のものが5件、「重要」のものが5件、「警告」のものが1件となっている。「緊急」のものは、Windows Authenticodeの検証、SMBクライアント、Microsoft Windows Media Services、MPEG Layer-3コーデック、Windows Media Playerにおける、それぞれの脆弱性を解消するものとなっている。

「重要」のものでは、Windowsカーネル、VBScriptスクリプト エンジン、Microsoft Office Publisher、Microsoft ExchangeおよびWindows SMTPサービス、Microsoft Visioの脆弱性に対応した。「警告」のものは、Windows ISATAPコンポーネントの脆弱性に対応している。また、マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ「VBScript の脆弱性により、リモートでコードが実行される(981169)」はMS10-022に、「SMB の脆弱性により、サービス拒否が起こる(977544)」はMS10-020に統合された。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-apr.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×