セキュアなソフトウェア開発を支援するOWASPドキュメントの日本語版を公開(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

セキュアなソフトウェア開発を支援するOWASPドキュメントの日本語版を公開(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月7日、OWASP「ソフトウエアセキュリティ保証成熟度モデル(SAMM)」を公開した。これは、経済産業省の委託事業として同センターが翻訳したもの。Open Web Application Security Project(OWASP)は、アプリケーションソフトウェアのセキュリティ向上に関する活動を展開する、フリーでオープンな世界規模のコミュニティであり、一般利用者や組織がアプリケーションのセキュリティリスクについての意思決定を行う際に十分な判断材料が得られるように、アプリケーションのセキュリティを「可視化」することを使命としている。

SAMMは、組織が直面する固有のリスクに応じたソフトウェアセキュリティ対策のための戦略の策定・実施を支援するフレームワークとして公開しているもので、組織の既存のソフトウェアセキュリティ対策を評価する「評価」、明確に定められた反復型作業による、バランスの取れたソフトウェアセキュリティ保証プログラムを構築する「構築」、セキュリティ保証プログラムに関する具体的な改善効果を実証する「実証」、組織全体にわたるセキュリティ関連活動の定義と測定を行う「定義と測定」のリソースを提供している。本書では、SAMMのビジネス機能と適用、セキュリティ対策、事例がまとめられている。

http://www.jpcert.or.jp/securecoding_materials.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×