Gumblar攻撃に5ヶ国のサーバの関与が判明、ICPOを通じ情報提供を要請(警視庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

Gumblar攻撃に5ヶ国のサーバの関与が判明、ICPOを通じ情報提供を要請(警視庁)

製品・サービス・業界動向 業界動向

警視庁は3月23日、フランス、オランダ、ドイツなど欧州5ヶ国の捜査当局に対し、これらの国に設置されているサーバの契約者情報や通信記録などを国際刑事警察機構(ICPO)を通じて提供するよう、警察庁に要請した。これは、同庁ハイテク犯罪対策総合センターの調べにより、「Gumblar」に関連するマルウェアがこれらの国のサーバに仕掛けられていたことが判明したための措置。

一連の「Gumblar」攻撃では、企業などのFTPサーバのアクセス情報を盗み出しサイトを改ざん、マルウェアを埋め込む。アクセスログを参照しても、攻撃者は数秒単位でIPアドレスを変更するため特定が困難であった。しかし、IPアドレスの分析によって、攻撃者はフランス(19サーバ)、オランダ(6サーバ)、ドイツ(4サーバ)、イギリス(1サーバ)、ルクセンブルク(1サーバ)の計31サーバを利用してマルウェアを感染させていることが判明したという。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×