同じWebサイトが再び改ざん被害、Gumbler亜種の可能性(JR東日本) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

同じWebサイトが再び改ざん被害、Gumbler亜種の可能性(JR東日本)

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は2月23日、サイトの一部機能を利用停止したと発表した。また、2月18日22時29分から2010年2月22日17時18分の間に同社サイトのキーワード検索機能ページ( http://www.jreast-search.jp/ )へURLの直接入力によりアクセスした場合には

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は2月23日、サイトの一部機能を利用停止したと発表した。また、2月18日22時29分から2010年2月22日17時18分の間に同社サイトのキーワード検索機能ページ(http://www.jreast-search.jp/)へURLの直接入力によりアクセスした場合には、ウイルス感染の可能性があったという。これは、Gumblerの亜種によりサイトが改ざんされたと思われる。

同ページは、2009年12月8日21時40分から12月21日23時55分まで同様にGumblerにより改ざんされたばかりであり、管理体制の甘さを指摘する声も出ている。Gumblerは2009年4月、10月、12月に大量感染を引き起こしているが、2月に入ってからも感染被害が急増している。これには、従来とは動作の異なる亜種が関係していると思われる。この亜種はFTP以外のアクセスパスワードが盗み、外部に送信することが確認されている。

http://www.jreast.co.jp/apology/20100222_search.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×