情報漏えいにつながるIEの脆弱性にセキュリティ アドバイザリを発表(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

情報漏えいにつながるIEの脆弱性にセキュリティ アドバイザリを発表(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マイクロソフト株式会社は2月4日、マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ(980088)を発表した。これは、Windows XPを実行している、あるいはInternet Explorer(IE)の保護モードを無効にしているユーザについて一般に公開されたIEに存在する脆弱性に関するもの。現在のところ調査中としている。

同社のこれまでの調査では、情報が悪意のあるWebサイトに公開される方法でローカルファイルからコンテンツが不正確にレンダリングされることが原因で、ユーザが保護モードで実行されていないIEのバージョンを使用している場合に、攻撃者はファイル名と場所が分かっているファイルにアクセスできる可能性がある。同社では調査が完了次第、この脆弱性に対するセキュリティ更新プログラムの提供など適切な措置を講じるとしている。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/980088.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×