「情報セキュリティの日」に向け、企業の情報漏えいを防止する5ヶ条発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

「情報セキュリティの日」に向け、企業の情報漏えいを防止する5ヶ条発表(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

RSAセキュリティ株式会社は2月1日、総務省が定めた2月2日の「情報セキュリティの日」に向け、情報の漏えい事件、事故を企業が予防するためのセキュリティ指標「情報漏えいを防止する5ヶ条」をまとめ、発表した。2009年は、企業情報がさまざまな手口により流出し、またガンブラーによりWebが脅威にさらされた。事件、事故の発生後は原因調査や謝罪の費用に加え、取引先の減少、顧客離れ、企業イメージの低下など、多様な二次的損失を生み出した。

セキュリティ指標「情報漏えいを防止する5ヶ条」は、情報漏えいを予防、防止することを目的としたもの。「自社のビジネスに重要な情報が『何であるか』を知る」「情報が『どこにあるか』を把握する」「情報に対する『リスク』を知る」「リスクに対して『セキュリティ対策』を施す」「セキュリティ対策を継続的に『監視』する」を挙げ、情報は重要度と場所を変化させながら存在し続けるため、セキュリティも情報に対する順応力を持つ必要があるとしている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=10681
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×