2009年12月の月間マルウェアランキング、2009年全体の回顧と今年の展望も(キヤノンITソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

2009年12月の月間マルウェアランキング、2009年全体の回顧と今年の展望も(キヤノンITソリューションズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

キヤノンITソリューションズ株式会社は1月28日、2009年12月の月間マルウェアランキングを発表した。ESETが開発したマルウェアレポーティング/追跡システム「ThreatSense.NetR」によると、同月度のランキングは「Win32/Conficker」が検出された脅威全体のうち9.85%を占めて第1位となった。2位は「INF/Autorun」、3位は「Win32/PSW.OnLineGames」がランクインした。

また、2009年全体の回顧および2010年のセキュリティ予測も発表している。2010年の展望では、ソーシャルエンジニアリング攻撃が引き続き流行する一方でOSやアプリケーションへの攻撃は減少していくこと、ワールドカップといった注目イベントなどのトピックがソーシャルエンジニアリング攻撃に利用されること、モバイルデバイス全般で悪用可能なぜい弱性探しが行われることなどを挙げている。

http://canon-its.jp/product/eset/topics/malware0912.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×