脆弱性診断ソフト「QualysGuard」をクラウド型で提供(NTT Com) | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

脆弱性診断ソフト「QualysGuard」をクラウド型で提供(NTT Com)

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は1月27日、ネットワーク機器やサーバなどのIT資産に対して最新の脆弱性診断環境を提供し、顧客にて継続的に診断を実施し、その結果を管理するサービス「Bizセキュリティ 脆弱性マネジメント」を2月1日より提供開始す

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は1月27日、ネットワーク機器やサーバなどのIT資産に対して最新の脆弱性診断環境を提供し、顧客にて継続的に診断を実施し、その結果を管理するサービス「Bizセキュリティ 脆弱性マネジメント」を2月1日より提供開始すると発表した。システム概算料金は、初期料金が30万円、月額料金が130万円(税込み)。

 本サービスは、米Qualys社のリモート診断ソフトウェア「QualysGuard」を採用し、NTT Comのクラウド基盤と組み合わせたもの。インターネット、イントラネット上の機器に対し、最新のシグネチャをもとに診断し、診断結果は継続的に保管され、ユーザ自身でポータルサイトから確認、管理できる。スケジュール設定および随時診断のいずれにも対応可能だ。

http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20100127.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×